設置

サブモニタの設置についてですが、
このHanwha-JapanのUM-710は休止状態からの復帰時に
かなりの高頻度で立ち上がりに失敗するので現在使っていません。

その後中古のQuixunのQT-701AVを購入しましたが5日で壊れたため返品。
仕方がないのでメインモニタと同じQT-702AVの新品を買いました。
(かなり余計な出費です)

一応、参考としてUM-710の設置を書いておきます。

NEXT
車載PC

後は外付けのHDD2台とDVDドライブを接続したら終わりですが、
コードの長さが足りなかったり等、色々ありました。

写真はありません…。

一応ココまでで完了ですが、この後にも色々ありました。
それはまた今度。
まとまったらUpします。

サブモニタのことも後でUpします。

モニタの配線は写真がありません(汗)

メインモニタはUSBハブの位置辺りまで前方に進んで
ハンドルとオーディオの間を通って上に来ます。
最後はパワーボダンの横の穴から表に出してモニタと接続します。

サブモニタはUSBハブの位置までは同じで
ハンドル下(ブレーキ等のペダルの上)を通ってETCやミラーの格納ボタンの裏まで持ってくる。
そこからドアのゴムパッキンをかすめるようにしてダッシュボード上まで配線します。
後はダッシュボード上を這ってモニタに接続します。

裏の金具はこうなっています。

まずはこのタイプのスタンドを用意。

UM-710付属のスタンドは高すぎて邪魔なのでアウト。

起動確認完了!
あらかじめインストールしておいたWindowsXPが起動しました。

後の下から覗いたところです。
上に12cmファンが少し見えています。

カーペットが邪魔ですが、下は意外に余裕があります。
これならフットブレーキも邪魔になりません。

少しピンボケしていますが、後はこんな感じ。
12cmファンの威圧感がカッコイイ!!

無事に本体設置が完了です。

コンソールボックス下のネジが使えないので
このネジ1本でコンソールボックスを支えることになりました。
頑張れ!!(爆)

ある程度PCと繋いだところです。
さらにゴッチャゴチャ(激汗)

車側の配線が全て終了したところです。
ゴッチャゴチャ(汗)

電源用のノイズフィルターです。
キューブの時はこれが無いとオーディオがヒュンヒュン鳴ってました。
プリウスでも必要かは不明ですが、備えあれば憂いなし!
右はアースの塊です。

車のPMCのタコメーターとスピードメーターに配線をします。

PMCの上から2つ目のカプラーの黄色の線がタコメーターです。
一番下のカプラの紫色の線がスピードメーターです。
線が細いので白色のエレクトロタップが必要です。

*「改造行為」です。自己責任で!!

こちらに追加補足しました。 追加:PMCが壊れました

後はこの位置にスタンドを両面テープで貼るだけです。

写真のマスキングテープは位置のマーキングをしているだけで特に意味はありません。

これで市販のスタンドが使えます。

ワッシャーを挟んでこんな風に固定します。

5mmネジを電工ペンチで7mmくらいに切断しました。

てか、初めてボルトカッターを使って感動しました(笑)