前菜(?)

PCの組立てが完了したので
車側の配線です。
が、その前に配線用のコードを作りました。
NEXT
車載PC

電源はヒューズボックスから分岐させて取ることにしましたが、
あの分岐は買うと高いですし、ヒューズホルダーもたまたま持っていたので
自分で作りました。

まず、こんな風に角のプラスチックを切ります。

ネジを外すと外が見えます(汗)
そりゃ、ネジをガチガチに留めてあるわ!!

そしてそこに線をハンダ付けするだけです。
手持ちパーツだけで作ったので0円でできました。

この辺りから写真を撮るのを忘れがちだったのであまり写真が無いですが、
タコメーターとスピードメーターの信号を取るための配線です。
赤の2本がそれぞれの信号線、黒がアースです。
ダイオードはもしPCからノイズ等の電気が発生しても
車には流れないようにするためです。
もっと完璧にするならヒューズも付けるべきですが、忘れていました。

このコードをPC側はφ3.5mmジャックにしてLine-INに接続、
車側はPMCのGI(タコメーター)とSPDI(スピードメーター)に接続します。

*実は配線はメーカーに問い合わせて教えて貰おうとしましたが、
改造行為」となるので教えてもらえませんでした。
知り合いの力をお借りして配線を調べることができましたが、
これはメーカーも認める「改造行為」です。

これが原因でエンジンが掛からない等の問題が発生してもオレは責任持てません。

ちなみに、市販のタコメーターを付ける事も「改造行為」だそうです。

次に車側の設置場所の準備です。

コンソールボックスの台の下側を外しました。
ネジは4本で留まっていますが、メチャクチャ固いです。

レンチに鉄パイプを繋いで長くして何とか外れましたが、ソケットが壊れました(驚)
恐らくエクステンションで長くしてしっかりソケットがネジに嵌っていなかったのだと思いますが、
無理をすると壊れる力でないと回らないようです。

この時に、床のカーペット(?)を少し切らないとソケットが嵌りません。