ヘッドホンアンプ (失敗作)

ここでは著作権がありませんので、回路図は載せません。
ご了承を。

電源は006P×2で18Vで、それを±9Vにする予定。あとACアダプタでも可。
ケースにはこんな感じで収める。
もう電池の横幅(写真では上下)ピッタリの大きさ☆
ケースの高さ(写真では奥)と右側が開いてるので、
アンプ部と電源部の基板とジャック等を搭載する。



レイアウトが決まったところで基板の作成。

基板をこんな風に切って

2年位前、Chu MoyさんのヘッドホンアンプをOPA2604で作って最近までずっと使っていました。
回路が簡単で部品数も少ないので車載PCの音量UPにも使っていました。
しかし、最近はこれに慣れちゃったので、なんか物足りない…。
ということで、新たに作ることにしました☆


注)これは失敗作です。
  完成だけを手っ取り早く見るならこちら



今回の目標は
・オペアンプが1個ではつまらないから2個で作る
・部品数が少ないもの
・極力オーディオパーツを使うこと
・見た目も普通以上に

ということで早速回路探し♪
オレは自分では回路を設計できないからネットから…(;^ω^)


で、見付けたのが「A47式」というもの。
Chu Moyさんのみたいに部品数も少ないし回路も簡単なので決定!!

部品調達はやっぱり通販で。
オーディオ用となると名古屋の大須では物足りないし、駐車場代で送料超えちゃうし。

今回お世話になってのは
エレショップ若松通商eマート秋月電子通商ヤフオクの4件です。
他に使うものも一緒に買ったから送料が結構かかった…。

これだけ買って合計金額は5963円でした。(送料含まず)
1/3以上をオペアンプに金を掛けてこの値段なら妥当でしょ。
あと、手持ちパーツも少し流用。(200〜300円分くらい)

商品 単価(円) 数量 購入先
アンプ部
ARMS1/2W オーディオ抵抗器 47Ω 100 4 若松通商
ARMS1/2W オーディオ抵抗器 1kΩ 100 2 若松通商
ARMS1/2W オーディオ抵抗器 2.2kΩ 100 2 若松通商
ARMS1/2W オーディオ抵抗器 10kΩ 100 2 若松通商
ARMS1/2W オーディオ抵抗器 100kΩ 100 2 若松通商
アルミケース KC3-8-7GS 892 1 若松通商
OS-CON/SPシリーズ 20V180uF 294 2 エレショップ
1.1φDCジャック MJ-82-2 84 1 エレショップ
3.5φステレオジャック HSJ0587-01-60109 73 2 エレショップ
SOP8(1.27mm)DIP変換基板(9個セット) 100 1 秋月電子通商
オペアンプ AD8620AR 1200 2 ヤフオク
電源部
積層セラミックコンデンサー 50V0.47uF 84 2 若松通商
カーボン抵抗 1/4W 5% 4.7kΩ 100本 105 1 エレショップ
マザーボード用 電解コンデンサ 16V1000uF 140 2 秋月電子通商

では、早速製作開始!

まずはレイアウト。
これが決まらなきゃ基板の形、大きさが決まらない。
スペースがあり余ってるなら基板が完成後にレイアウトを考えてもいいけど
今回はあいにくギリギリのサイズしか考えていないので。
てか、いつもギリギリのサイズしか考えないけどね(;´Д`)

こんな風に収める。
ちなみに普通に穴のところで切る(割った?)だけではスペースに無駄が出るので
カッティングディスクでギリギリまで切る。
そうするとこんな風に綺麗に収まる。

基板をピッタリに切るのでストレスが溜まったので、
ここでオペアンプを変換基板に載せました。

我ながら下手糞なハンダ付けだと思う。
いや、マジで。
最近基板上でハンダ付けをしていなかったから下手になったみたい(つд⊂)エーン

次は電源部分。
お決まりのトロイダルコイルと50V0.1uFのセラミックコンデンサも追加。
あとは50V0.47uFの積層セラミックコンデンサーと16V1000uFの電解コンデンサ、4.7kΩの抵抗器

見る人が見れば回路は分かると思う。



次はアンプ部の作製。

いきなりだけど、完成図。

真上から見るとこんな感じ。
オーディオパーツのオンパレード(笑)





次はケースの加工&組み立て

オーディオ
NEXT