パドルシフトの追加(修正版)

パドルシフトのスイッチ部分です。
新品で購入していきなりぶった切ってます(笑)

ちなみに、ハンドルの金属フレームをかなり削ればこのスイッチも使えると思いますが、
ブレーキと同様に重要なハンドルの強度を落とすのはマズイと思われるので
私は止めました。

前回のパドルシフトはトグルスイッチの構造上、レバーがグラグラしていたので、
今回は波動スイッチを使って作り直しました。
また、レバーもレクサスのIS-Fでトライしました。
中古で良いのに無かったため、12400円も出して新品を買いましたよ!

*すべての作業が終わってから写真を撮ったので極端に枚数が少ないです。
基本的な作り方は前回と同じなので分かると思いますけどね。

その他

波動スイッチ(フジソク 8H1041-Z)です。
私はマルツパーツで買いました。

スイッチにはレバーが付いてきますが、今回は使いません。
写真のようにスイッチの根元のオレンジ色の部分に2mmのネジを付けます。
ネジの反対側(写真では頭側)はレバー部分のみに切断されたパドルシフトを固定してします。
これをハンドルにくっ付けて完了!
(前回と同じです)

全体像です。
運転手からの視線だと自然に付いているように見えます。
お気に入りです☆

回路の問題ですが、何故か左側を前方に押すとヒューズが飛びます。
原因不明なのでこの部分だけ殺すことにしました。
ほとんど(全く?)使わない部分なので問題ありません。

それにしてもモニタが多すぎですね…。

盛ったパテの塗装はこれです。
タッチアップペイントのトヨタの中で一番濃い緑色です。
ボディじゃないのでツヤは要らないのにツヤが出ちゃうのが残念!

ワイパーレバーの上から覗いた感じの写真です。
今回は出来るだけ綺麗に仕上げるために根元はパテを盛りました。

はい。完成!!
アルミメッキされているので、結構良い感じに付いています。
もちろん強度も問題なし!