ここから先は写真がありません(汗)


この後の順番は、トランクから天井に繋がるゴムホース内を配線、
トランクの内を配線、ナビ本体、ETC、の取付、カメラ本体の取り付けです。

ゴムホース内はメッチャメチャ狭いので中にシリコーン系の油を流してから針金を使って通します。
ただし、あまり流しすぎると天井に染み出てくるのでほどほどに。
オレは危うくそうなりかけました(汗)
この作業は一番しんどいです。

トランク内の配線は純正のケーブルに巻きつけるように配線すればOK

ナビ本体の取り付けは下記に記載。

ETCの取り付けは純正の位置に取り付けると結構しんどいけど、
どこでもいいなら特に何も無し。
内装の加工無しには純正の位置には固定できません。
(オレは仮固定したけど、後日やり直す予定。)

カメラ本体の取り付けは、線を一旦切断すのが面倒かな。
他は特に問題なし。
カメラ自体がズレないように。
あ、加工した穴と線との隙間はバスコークで防水しました。

ナビの取付(カメラ編)

バックカメラは純正のカメラの位置に穴を埋めておくプラスチックのカバーがあるので
そこに取り付けします。
配線を通す加工も簡単だし、失敗しても怖くないし

で、そのプラスチックのカバーを外すためには
トランクの内装を剥がす⇒外側のエンブレムが付いている土台(カバー?)を外す
という作業が必要です。

カプラーとセットで付いてたパネルは横のサイズがほんの少し長いので
取り付けると、内側に盛り上がってナビ画面に当たります。
んで、閉まらなくなります(汗)

なので、下側をバッサリとニッパーで切断しました。
これだけでOKです。

Bピラー通過。
この先も助手席の天井に沿ってAピラーに通します。

配線するときは再度エアーバックが開いた時のことを考えて、
エアーバックの後ろに配線します。

トランクを開けるためのスイッチ。
電気的に開けてるんだねーって感動した(笑)

これの写真の右側は空洞なので穴を開けてボディから内装に
線を引き込みました。
ただし、カメラのコネクターが通らないので一度線を切断する必要があります。

露出の設定が変わってて白飛びしかかっています(汗)

内装を剥がすには、まず赤丸のところに切込みがあるのでそこに内装剥がしで外します。
結構硬いので勇気をもってバキョッ!と行きましょう。
オレは友達にトランクを支えてもらって、
取っ手のところで全体重(約50Kgの荷重)を掛けて外しました(爆)

ちなみに材料学的には、ゆっくりそろーっと弱い力で外すより、
一気にバキョッ!っといったほうが内装のダメージが少ないです。

NEXT
CarAudio

取り付けたらこんな感じ。
切ったのが全然分かりません☆

左後ろの席くらいに出します。

トランクから天井への配線は純正のコードが通っている、
写真の右端のゴムホース(ジャバラ?)を通します。

でもその前に、天井に配線をしてしまうことに。

まずは針金で行き先を指定します。

根元の内装の赤丸の部分です。

トランクからの配線は天井を通す事にしたのでトランクの根元側の内装も剥がします。
赤丸の所に切込みがないけど、内装剥がしを突っ込めばOKです。
真ん中の内装は配線コードが入るだけのスペースがあれば良いので、
完全に取り外す必要はありません。
というか、オレは外れなかったのでそのまま強行しました。

純正カメラの取り付け位置(内側からの写真)
ここから土台とボディの間に線を引き込みます。

土台を外したところ。
これも端から順に指を引っ掛けて一気にバキョッ!と♪

内装を剥がしたところ。

写真は無いけど、この内側の長いボルト4本がエンブレムの土台を止めておくネジです。
10mmのロングソケットが必要です。

ピン(って言うんだっけ?)の位置はこんな感じです。
赤丸の所が1つ写真に写っていませんが。