最後はTMPGEnc Video Mastering Works 5のエンコード時間です。

では、いよいよベンチマークです
が、その前にスペックのおさらいを。
なお、ベンチマークは全て定格動作で行っています。

<まとめ>
性能はやっぱり1番ではないですね。
特にグラフィック系は上の中という具合でしょうか。

でも、その他のSSDなどの基礎体力がありますし、動画変換もCUDAを使えば絶好調です♪
動画変換をしてもCPU、GPU共にかなり低い温度で保たれているので「静か」という点でもクリアしています。


したがって、当初の目標の

性能は1番じゃなくて2番でOK!その代り静かにしてくれ!

というのは達成できたと思います(  ̄▽ ̄)ノ”o(*・・*)oヾ( ̄▽ ̄ ) ヨチヨチ


ちなみに、Windowsの起動時間は全てのソフトをインストールし終わった時点で、
PCのスイッチを押してから30秒ほどで起動します(笑)
ワードの起動は5秒掛ってるかな??って感じです☆

PCの組立て

CPU Intel Core i7 2600K BOX
メモリ PC3-1600 8GB
ビデオカード NVIDIA Geforce GTX560 Ti
SSD 64GB×2台 RAID0
OS Windows7 Professional 64bit
PC TOP

ファイナルファンタジーXIVオフィシャルベンチマークソフト

HIGH 1920x1080 ヒューラン(男)

3DMARK 11の結果です。
X1514が良いのか普通なのかよく分かりませんが、ネットで順位を見ると普通みたいですね。

HWMonitorはベンチマーク中の温度です。
「MAX」の項目を見てください。
結構冷えてるんじゃないですか??

では、まずはSSDのテストです。
1台のシーケンシャルの公表値は355MBなので、単純計算で700MBはでるだろうと。

ソースは通常のDVDと同じ画質のMPEG2の720x480で
これを映像:H.264 720x480 29.97fps VBR ave1800kbps max2000kbps 1万フレーム
    音声:AAC Low Complexity 48kHz 144kbits ステレオ
    フィルター:「常にインターレース解除」+「音量変更 500%」
に変換しました。

温度はHWMonitorでのCPU又はGPU温度の最大値です。

CPUのみの場合:3分46秒 CPU56℃
CUDAの場合:54秒 CPU47℃ GPU:43℃
Intel Media SDKの場合:10分以上掛りそうだったので3分くらいで中断(めんどくさい) CPU46℃

流石CUDA!圧倒的な速さです。
CPUも頑張っています。
が、Intel Media SDKには幻滅です。CPUよりも遅いのにはビビりました。
使い物にならん。



CUDAがあまりにも早いので4つ同時にエンコードさせてみました。
1分47秒 CPU53℃ GPU46℃

スピードが1/2になりましたが、4本同時なので単純に2倍のスピードが出ていることになります。
エンコード時間が短すぎて正確な値じゃないかもしれません。


更に増やして8本同時です。
3分10秒 CPU56℃ GPU47℃
スピードは1/3になりましたが、8本同時なので2.6倍のスピードが出ていることになります。
エンコード時間が短すぎるのでたぶん正確な値ではありません。
ソースファイルがデータ用のHDDにあるため、データの読み込みがボルトネックになってる気もします。

物理的にCPUが4つなので、4本同時までが良さそうな感じです。
HDDのボルトネックも気になりますし、負担も掛けそうですし。


冬だからということもありますが、CPUもGPUも温度は基本的にかなり低いと思います。
これに関しては目標達成です!
なお、冷却ファンの回転数はアイドリング時の設定から変更していません。

FFXIVのベンチマークは4261で公式HPによると「やや快適」だそうです。
「非常に快適」じゃないのは悔しいですが、元々PCでゲームはやらないのでいっか。

アイドル時の状態です。
PC電源ONにして20〜30分放置した状態です。
冷却ファンの回転数は全部かなり落としていますが、かなり冷えています。

HWMonitor

マザーボード標準のモニター

次はWindows標準のベンチマークソフト(Windows エクスペリエンス インデックス)の結果です。

いや、マジでビビりました。
SSDの評価はMAXの7.9じゃないですか!?
グラボもまだ上のクラスがあるのに7.9もあっていいんですか!?

CPUとメモリは大体の予想通りです。
特にCPUに関しては最強ではないですから。

でも、やっぱ20万のPCなだけありますね(笑)

いろんなソフトをインストール後にベンチマークをしたからですが、
2倍はいきませんでした…。(一番左の画像)
画像はありませんが、OSとドライバインストール直後だと700MB/sを突破していました。

真ん中の画像は通常のHDDですが、それと比べると天と地との差がありますね(笑)

おまけで一番右の画像はProfessional以上で使えるXPモードでのベンチマーク結果です。
やっぱり仮想マシンなのでかなり落ちますが、それでもHDDよりも早いのは流石ですね☆

SSD×2のRAIDでXPモード

2TB×1台のHDD

SSD×2のRAID

---------------- ここからグラフィック関係になります ----------------

ここからは画像が大きいので、詳細はクリックしてください