こーゆーことで、無事に直りました。

私の回避方法は、

HDDは2台交換でも1台ずつ交換すべし

ということです。
なので、2台同時に壊れたときは知りません(爆)

 
寝る前に気付いたのですが、
INFO/ERRORの赤ランプが3回点滅しています。

取説によるとHDDが破損しているらしいです(-_-;)

RAID0で設定しているのでHDDが1つでも壊れると
データが全て飛びますが、
このHDDは3つあるバックアップのうちの1つなので
お金以外に被害はなし。

スマホで外からでもアクセスできるバックアップ
として使っています。
  NAS Navigator2で確認するとディスク2に
エラーが発生しているようです。
   蓋を開けてみると…
壊れているHDDが赤く光ってるハズなんですが…
光っていません。
  とりあえずAのHDDを交換しました。
元々がWestern DigitalのGreenのHDDだったので
新しいのも同じものにしました。

NAS対応で、しかもRAID向きという
Redシリーズも考えましたが、
値段が1.5倍するのでやめました。

1.5倍のペースでHDDを交換した方がいいでしょ♪

ちなみに交換したHDDはWD20EZRXで7980円でした。
   とりあえず壊れてるAのHDDを交換したところ、
無事に起動しました。

HDDのフォーマットも何故か自動でやってました。
   AのHDDのフォーマットが終了してから
念のため@のHDDも交換しました。

同じ製造時期のHDDを同じ条件で使っているなら
同じ時期に壊れる可能性が高いからです。
   @のHDDを交換しましたが、
今度は何故か自動で
フォーマットしてくれなかったので
Web設定で手動でフォーマットします。
   HDDのフォーマットが完了したら
RAIDを組み直します。

ちなみに、Webアクセスの設定は
消えていませんでした♪
   NAS Navigator2で確認すると
無事にエラーが直っていました☆
   赤ランプも消えています。
めでたし。めでたし。
   壊れたHDDをCrystalDiskInfoで見てみました。
不良セクタが多数あるようですね…。

アタリが悪かったのかな?
いや、口コミでも寿命が短いみたいだし?
こんなもんか。

次壊れたらQNAPにしようかなー
PC TOP

Buffalo LS-WV4.0TL HDD交換

BuffloのNASのLinkStation LS-WV4.0TL/R1のHDDが壊れたので交換しました。
ちなみに、購入後2年半くらいで壊れました。
ネットでも耐久性は問題になっているようですけどね…。

BuffaloのNASはHDDにフォームウェアがインストールされているので
市販のHDDをそのまま交換すると起動できません。
ネットでもその回避方法がいくつか載っていますが、私の方法も公開します。

ただし、自己責任で!

*今回は写真がピンボケですみません(-。−;)